ZAKIOLOGY

ザキオロジー 読書ブログ 随筆ブログ

新型コロナの感染拡大を防げない3つの理由

こんにちは。

最近は、新型コロナの話題で持ちきりですが、そうならざるを得ない状況なので、僕も書いていきます。

コンテンツは以下の通り。

 

1.政府の対応が緩いから

これは、皆さん感じているとおり。

ぬるすぎる。

本気で止める気があるのかと言いたくなる。自粛を要請しても、なんの手当もない。アホか。手当はありますと言いますが、あんなんやっているふり。条件が厳しすぎるのと、あてはまらない人の方が多い。

それで、自粛を要請します。みんなで力を合わせましょうというきれい事。

日本の民度が高いのは事実ではあるが、それに頼って、国民に負担だけを強いるのは愚かとしか言い様がありません。それで、政府とか公務員の給料は大して変わらない。

「自分が良ければ」という考え方なのでしょう。だから危機感が足りない。

 

日本の政府の愚かさは世界でもトップクラス。

自粛を要請して、本当に止まるのか。止まりません。

自粛を要請するなら、それ相応の対価を支払うべき。生活の保障をしてくれもしないで、何が自粛なの。

本当に頭がおかしいとしか思えません。

 

2.自粛も続かないから

自粛は続きません。

一ヶ月やったくらいで、感染が止まるなんて言うのはあり得ません。

暖かくなったからといって感染が止まる訳ではない。

マレーシアなどの気候の暖かい東南アジアでも感染は広がっています。

そうなると、夏になっても、感染は広がる可能性はあります。

じゃあ、いつまで自粛するの?ってなりませんか。

そんなんやってたら、経済回らんし、国民の生活も危うい。

一ヶ月自粛して、ある程度収まったら、また人々は外に出ますし、その後また感染が拡大してくることもあり得ますよね。

第二波、第三波のことは今も議論がされていますが、本当に、自粛に意味はあるのか。

自粛よりも、もっと効力の高い方法で、押さえ込む気概が日本の対応には感じられない。

本当に、日本の政府はすべて国民任せ、他人任せなんです。

自分に責任があると思っていない。

当事者意識がないんです。

苦しむのは国民だけ。政府はなにも痛くないっていうのが日本の構造なのでしょうね。

おかしいなと思います。

 

3.効果的な治療法を見つけるのに年単位の時間がかかるから

どんだけ頑張っても、適切な治療法、治療薬を開発するのに一年はかかります。

なので、それができるまではほぼ確実に、ウイルスは蔓延するし、感染は拡大を続けます。

新型コロナは、インフルエンザみたいに、毎年流行るようになるとも言われたりしていますが、暖かいところでもハヤルので、どうなのでしょうね、

年がら年中、新型コロナが流行り続けるのかもしれません。

 

今後大事なこと

ここまで、ひたすらネガティブな情報を書いてきましたが、僕たちができるのは、免疫を高めるだけです。

それ以外にできることはないと言って良いでしょう。

(三密を避けたり、咳エチケットなどのことはやって当たり前)

免疫を高めることは、最近とても注目が集まっています。

最近で言うと、がんの免疫療法(本庶先生)とか。

がん免疫療法とは何か (岩波新書)

人間そのものの生命力を使って治療をするということに注目が集まっています。

自分で言うのは恐縮ですが、結構免疫を高めることに関しては知っています。

興味のある人は、別の記事に書いているのでドウゾ

 

www.zakiology.work

www.zakiology.work

www.zakiology.work

www.zakiology.work

 

withコロナという言葉まで出てきていますが、本当にコロナは押さえられないというのが現実だと思います。

政府に不満はありますが、自分ではどうしようもないことなので、受け入れて、自分でやれることはやっていこうと思います。

では。