ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

ZAKIOLOGY

大学生が自由気ままに書いてるゆるブログ

朝渋神戸に参加しての学びと、GO三浦さんの話から僕の切り口からの深掘り

こんばんは。

昨日は、朝渋神戸という朝活に参加してきました。

onpaper.jp

詳細は上のサイトを参考にしてください。とりあえずざっくり説明すると、朝早く起きて一日を有意義にしよう。そして、せっかくなら朝からいい話を聞いてモチベをあげようという取り組みが朝渋で、それのライブ配信を神戸でもやっているという感じ。

今回は20代限定。しかも学生無料ということでこれは参加しなければと思い、参加してきた次第であります。

 

今回のゲストは、三浦さん。言語化力という本の著者です。

 

言語化力 言葉にできれば人生は変わる

言語化力 言葉にできれば人生は変わる

 

 まだこの本は目を通していないので、明日買いに行こうと思っています。

 

本題に入りますが、いい話がたくさんありました。それを僕なりの切り口で紹介していけたらなと思います。僕が「なるほど」と刺さったのは次の項目です。

能力を磨き続ける

今の世の中は、人生100年時代と言われ、人の寿命を超えるほど長く続けられる企業などほとんどありません。それで、最近では転職や、中途採用などが増えています。そんな中で、重要なことはなにか。それが、能力を磨き続けるということ。

お金や地位、会社というのはなくなっても、自分の磨いた能力だけはなくなりません。物質化していないからです。能力というのは目には見えない資産です。その資産を若い内に構築するのが重要なのではないかと思います。前に、術と道というテーマで書いていますが、言うまでもなく、両方必要なのです。ただ、術以前に道がないと成功しても長続きしなかったり、モチベーションがぶれたりしてしまいがちなので、道に生きることが重要だと思うと書きました。

道がある上で、どう術を磨いていくのか。1つは、反復だと思います。例えば、論語論語なんて本当に本質的なことしか書いていません。過ぎたるは及ばざるがごとしと言われても、それが自分にとっての経験や、考え方を踏まえるとどういうことなのかということを落とし込めなければ意味がありません。落とし込むときに重要なのが反復なのです。反復して何度も自分に、孔子に問い続けることで、ふと「そういうことか!!」とわかる瞬間が訪れたりします。

 

人間関係を損得だけで考えるな

人間には、いろんなタイプがいます。内向的な人もいれば外向的な人もいます。ビジネス的に、この人は付き合っておくと便利だなとか、この人は才能あるから関係を保っておこうとか、逆に、この人はたいしたことないなとか。そういった自分に利益があるかどうかで人間関係を決める人もいるのではないかと思います。必ずしも自分に不利益な人とずっといるのはやめた方が良いかもしれませんが、かといってすべての人間関係をその基準で決めるのも良くないです。なぜなら、何か自分が事業を始めるときに、自分がその事業をやる上で必要なスキルを持っている人だけを集めるとします。それで事業がうまくいくかと言えばそうではない。自分の想像では必要だったスキルがいらなかったり、逆にいらないと思っていたスキルが必要になったりするものだそうです。

だから、損得だけで人間関係を考えるのではなく、どこかで助け合うことになるかもしれないという視点があった方がいいです。僕は、出会った人には縁があると思っています。出会える人って本当に天文学的な確率を乗り越えて出会っています。運命というと安っぽく聞こえるかもしれませんが、縁は本当にあると思っています。縁があるからこそ、どこかで助け合える仲間になれるのではないかなと思います。

自信はなくてもいい。ただ、覚悟は必要

僕も自信はなくても良いと思います。自信は曖昧なものです。それに自信が過信に変わると害でしかありません。自信なんてなくても実力があればいいと思っています。自分に実力があれば、自信なんてなくてもフリーで活躍できるし、ある意味覚悟を持って自分の道を突き進めます。あと、自信を会社や肩書きに求めるのは最悪だと思います。会社や肩書きなんて、今後変わるかもしれないし、会社が倒産してしまったらその自信の所在がわからなくなってしまいます。なので自信は持たずに、客観的に俯瞰して自分に必要な能力とか実力を身につけて行くことがいいのかなと思います。実力があれば本当に自由です。会社にリストラされても全然平気だし、僕も自分の実力を高めるためにこういうこと書いてるわけです。実力をつける上ではやはり覚悟が必要だと思います。覚悟がないと続かないし、他人にも志をおられてしまったりするかもしれません。なので覚悟を持って、臆することなく、実力を高めていこうと決意を新たにすることができました。

 

こんな感じで、朝渋の学びを書いていきました。

コメントなどあったら書いてくれるとうれしいです。

今後も朝渋はあるので、興味があれば是非参加してみてはいかがでしょうか。

 

では。