ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

ZAKIOLOGY

大学生が自由気ままに書いてるゆるブログ

体系物理 オススメの物理参考書を紹介

こんにちは。

今回は、体系物理という参考書のレビューをしていこうと思います。

気になる方は下をクリックしてもらうとアマゾンのページに行くことができます。

 

体系物理の対象者

二次で物理を受ける人

旧帝大レベルの大学志望の人

中堅国公立大学志望の人

早慶志望の人

march関関同立志望で物理を得点源にしたい人

 

体系物理の構成

 

標準問題と発展問題に分かれています。

標準問題は基本的なものが多く、物理のエッセンスレベルの参考書をやった人ならスムーズに解けると思います。

発展問題は結構難しい問題があります。

発展問題までやっておけば、基本的にどの大学にも通用する学力を養うことができると思います。

時間がない場合は標準問題のみを反復するといいと思います。

 

解答編は別冊になっています

 

体系物理の利点

体系物理の利点は、問題量の多さです。

物理では、いろいろなモデルの問題が出題されるので、体系物理をやることで、網羅的に物理問題のモデルを勉強することができます。

 

また、公式の導出問題がたくさんあるので公式の根本理解にもつながると思います。

公式の本質を理解できると物理を得点源にでき、ほかの受験生に差をつけることができると思います。

 

体系物理の問題量が多すぎて大変なら、重要問題集や名門の森などをやるといいと思います。

大体レベル的には変わらないので、時間がない場合はそっちをやってもいいですし、体系の標準問題のみをやってもいいと思います。

 

体系物理はとても好きな参考書のひとつなのでとてもオススメです。

 

ではありがとうございました。