ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

ZAKIOLOGY

大学生が自由気ままに書いてるゆるブログ

本音で生きる

こんにちは。神戸大のzakiozaです。

今回は、

本音で生きるについて

紹介します。

 

 本音で生きるの内容、感想

なぜ、本音で生きられないのか、

言い訳をやめる

バランスをとるな

本音で生きられない理由は自意識とプライドである

すべてを最適化せよ

本音で生きるために必要なこと

 

 

 

について書かれています。

この本を読む前に嫌われる勇気を一読しておくと

理解が深まると思います。

一言でこの本で言いたいことを要約すれば、

さっさと行動しろ

ということだと思います。

さっさと行動すれば、言い訳もしないし、

本音で生きられるということです。

この本の内容は、嫌われる勇気とかぶっている点も

多くなってるので、嫌われる勇気を読んだことのある人

であれば、かなり読みやすくなっているのではないか

と思います。

本音で生きるために必要なのは詰まるところ、

行動力です。

考えるよりまえに行動する人が成功をしていくのです。

頭でぐちゃぐちゃ考えて言い訳を作り出してしまうから

行動できなくなっていくのです。

腹を決めてさっさと動く。

それが極意です。

本音で生きるの中で印象的だと思ったところ

議論は平行線のままでいいということです。

日本人はよく

noといえない日本人と揶揄されることも多いですが、

議論でも反対しにくかったり、

無理矢理意見を一致させたがるところがあると思います。

意見が違っても、合わせる必要なんてないし、

意見が違うからこそ多面的に見れたりするから、

別に意見が違っていいのだとおっしゃっています。

We agree to disagree.

僕たちはわかり合えないことがわかり合えた

この文もとても印象的でした。

僕も友達と無理矢理意見を合わせてしまったり、

それが原因で

人間関係だるい

みたいになりがちなので、互いにわかり合えないと

認識して、そこは放っておこうと思いました。

 

 

 

今回は堀江貴文さんの本音で生きるについて紹介しました

今後も本の紹介をしていくので読んでください。

ではありがとうございます。